日本語の先生になろう。

コラムcolumn

これからの日本語教師セミナーレポート〈後半〉

2020年3月31日(火)

Category:コラム

日本語教師の新資格の動きが注目されている中、三幸日本語教師養成カレッジでは「これからの日本語教師セミナー」を開催しました。その様子をライターさんにレポートしていただきました。今回は後半です。 後半では、2つ目のテーマ、「その資格を得た日本語教師にどのような活躍の場があるか」のお話です。前半でもキーワードとなっていた「多様な現場」で、実際に日本語教育に携わっている先生、講座修了生のお話を中心にお伝え…

続きを見る >

これからの日本語教師セミナーレポート〈前半〉

2020年3月24日(火)

Category:コラム

日本語教師の新資格の動きが注目されている中、三幸日本語教師養成カレッジでは「これからの日本語教師セミナー」を開催しました。その様子をライターさんにレポートしていただきました。 この日のテーマは大きく2つ。1つ目は「日本語教師の資格とは?」、2つ目が「その資格を得た日本語教師にどのような活躍の場があるか」です。講師は同カレッジで検定対策講座を担当する青山豊先生。まず1つ目の「日本語教師の資格」から解…

続きを見る >

日本語教師養成講座 とはどういう講座か

2020年3月19日(木)

Category:コラム

外国人に日本語を教える職業である「日本語教師」。誰でも簡単に日本語教師になれるわけではなく、日本語についての正しい知識や教え方を学び、身につける必要があります。 今回は、「文化庁に届出が受理された420単位時間以上の日本語教師養成講座を修了し、かつ学士の学位を有する」という、日本語教師になるためのルートのうちの一つにフォーカスをあて、日本語教師養成講座の詳細についてお話します。   &n…

続きを見る >

【三幸先生の日常3】オノマトペ(前編)

2020年3月17日(火)

Category:コラム

みなさんは「オノマトペ」というカタカナ語をお聞きになったことがありますか。   「擬音語」「擬声語」「擬態語」という3つの用語をひとつのカタカナ語で表現できることもあってか、最近、よく耳にすることばです。   日本語教材にも、この「オノマトペ」はよく登場します。NHK for Schoolの うた『オノマトペラップ』の動画も学習材に使えそうです。   https://…

続きを見る >

異文化適応

2020年3月5日(木)

Category:コラム

カルチャーショックとは? 今回のテーマは「異文化適応」です。皆さんも「カルチャーショック」という言葉を聞いたことがあるでしょう。人は、それまで自分が所属していなかった文化や環境に置かれたときに、違和感や不安、戸惑いなどを覚えることがあります。   例えば、身近な例でいうと、転職して違う会社に入ったとき、あるいは、引っ越しして新しい地域で暮らし始めたときなど、「あれ、これまでとなんか違う」…

続きを見る >

日本語教育能力検定試験の難易度

2020年2月27日(木)

Category:コラム

日本語教育能力検定試験に合格することは、日本語教師の資格を取得するために、多くの人に門戸の開かれた条件となっています。 今回は、この日本語教育能力検定試験の難易度について、詳しく解説していきたいと思います。 日本語教育能力検定試験の難易度について 以前書いた【日本語教育能力検定試験とは?】では、「日本語教育能力検定試験の合格ラインは170点前後」と書きましたが、肝心の難易度はどれくらいなのでしょう…

続きを見る >