日本語の先生になろう。

お知らせnews

【4/20(火)更新】2021年度日本語教育能力検定試験について

お知らせ 一覧に戻る

2021年4月20日(火)

Category:お知らせ

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

令和3年度の日本語教育能力検定試験の概要が公開されましたね。

 

下記、今年度の試験情報です。

 

■実施要項

試験日程 2021年 10月 24日(日)9:00~16:40
出願期間 2021年 7月 5日(月)~8月 2日(月)当日消印有効(予定)
受験料 14,500円(税込)
試験地 北海道 、東北、関東、 中部、 近畿、中国、九州(予定)
合否結果通知発送 2021年12月24日(金)(予定)

 

■試験範囲

試験Ⅰ(90分/100点) 原則として,出題範囲の区分ごとの設問により,日本語教育の実践につながる基礎的な知識を測定する。
試験Ⅱ(30分/40点) 試験Ⅰで求められる「基礎的な知識」および試験Ⅲで求められる「基礎的な問題解決能力」について,音声を媒体とした出題形式で測定する。
試験Ⅲ(120分/100点) 原則として出題範囲の区分横断的な設問により,熟練した日本語教員の有する現場対応能力につながる基礎的な問題解決能力を測定する。

 

願書提出先           公益財団法人 日本国際教育支援協会(JEES)

 

受験案内は願書受付期間中,全国の主要書店にて販売の予定。

売り切れてしまうと受験できませんので、お早めにお買い求めください。

 

▽試験主催団体JEESの令和3年度試験の掲載ページは下記URLよりご確認いただけます。

http://www.jees.or.jp/jltct/

 

※あくまでも4/20(火)時点での情報です。今後、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、試験実施要項が変更される場合もございます。

 

当校では、昨年に引き続き、検定対策セミナー、検定対策講座を開催予定です。

さらにパワーアップした内容で、皆様の合格をサポートします!

 

セミナー、講座の最新情報はこちらから。

 

お知らせ 一覧に戻る